大阪の伐採・剪定ブログ | 伐採・剪定は大阪の樹木専門業者ミヤモトツリーサービスへお任せください

ミヤモトツリーサービス
  • 会社概要
  • ご依頼の流れ
  • お問合せフォーム

Miyamoto Tree Serviceニュース

2014年03月17日 [雑記]

広島 ポプラ倒木

3月16日の新聞記事です。

広島、倒木で1人重体1人けが 三原市の文化センター

16日午前8時40分ごろ、広島県三原市宮浦2丁目の三原市芸術文化センター敷地内で、突然木が倒れて歩行者に当たった。2人が病院に搬送され、同市宮浦の女性(51)が頭を強く打って意識不明の重体、同市須波ハイツの女性(57)が肋骨骨折の疑い。

d_06784028.jpg


三原署によると、敷地内南側の駐車場近くにある直径95センチ、高さ約15メートルのポプラの木が根元から倒れた。目撃者によると、自然に倒れたといい、同署が原因を調べている。けがをした2人は施設の利用者とみられる。
センターによると木の樹齢は約40年で、センターがオープンする以前からあった。

2014/03/16 17:26  共同通信)

※この記事の著作権は配信元に帰属します。

その後の記者会見では、「木自体は元気だと私は判断しておりました。」とのこと・・・
繰り返すようですが、樹木は生理的に生きていることと、力学的な強度はまったく別のものです。
元々樹齢の短い早期緑化樹であるポプラは、そろそろ更新の時期に来ているものも多いでしょう・・・

追記:重体であった女性が20日亡くなられた様です。謹んでお悔やみ申し上げます。

 



PageTop

お問合せフォーム